だってあたしはきまぐれ貴族。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
エスプリーク オイル美容液化粧下地。
少し前のことになりますが、エスプリーク オイル美容液下地のサンプルを頂きましたね、試してみました。
いやー、正直、思ったより良かったので驚いた。
かなり軽いつけ心地です。
カラーも明るいピンク色で、顔色がパッと明るくなります。
肌色のムラ補正やカバー力に関しては若干弱い気もするんだけれども、まあ及第点ではないかと。
オイル美容液っていうだけあって、時間が経ってもお肌がしっとりしている気がしました。

ただ、美容オイル配合のせいなのかな、かなーりテクスチャーが軽いというか緩いので、うっかり一度にたくさん顔に載せてしまうと、延々と肌の上でツルツルヌルヌルと滑り続けてしまって、慣れていない人は肌に密着させるのが大変かも。
下地を肌に密着させないまま上からファンデーションを重ねても、ぐらぐらの土台の上でジェンガやっているようなもので、結局は化粧崩れをしてしまうので要注意ですね。
少量ずつ均一に肌に密着させていけば、かなりいい働きをしてくれると思います。
エスプリークのHPに載っている使用量の目安:直径1.5mmは、私的にはちょっと多すぎな気がします。

私が近所のドラッグストアでリサーチした限りでは、なかなかのコストパフォーマンスだと思います。
ちなみに、私はこの下地を使ってメイクをしたまま2時間ぐらい温泉でまったりと過ごしました。
まあ、温泉に入ったのでそれなりに顔面から汗が噴き出すわけですが、温泉から上がってタオルで顔を軽く押さえて、更にティッシュで汗やテカリを押さえた、それ以上の化粧直しはせずに済みました。
ティッシュで押さえた後に鏡を見た時の私の驚きの表情をお見せできないのが残念なくらいには、私自身、結構この化粧下地の威力に驚いたんですよ。

まあ、そんなこんなで、機会がありましたら是非皆様にもお試し頂きたい逸品です。

戦利品。 | comments(0)
下地彷徨い人。
うううううううっ。
ヘレナのプロディジー ベース、ハズレだわー。
元々期待してなかったけど、こっちの覚悟を遥かに下回るハズレっぷり。
うーーーん、なんというか、別に使わなくても同じじゃね?って感じ。
”素肌にも仕上がりにも差がつきます”って、差がつかないのは私の肌が悪いのか?
結構いいお値段するくせに、ビフォーアフターに差がないって、
ガッカリ感の大きさだけが値段に比例しちゃってるじゃないか!

ああああああ、やはりケチケチしないでDiorのドリームスキンにしておけばよかった。
Diorのドリームスキンはね、ほんとすごいです。最強だね。
お値段も最強だけど、パワーも最強だと思う。
下地じゃなくて乳液なんだけど、これ、未体験の人はDiorのカウンターへGO!
カウンターでつけてもらうのが苦手な人はサンプルもあるからもらって試すべし!
あれ?私?メイクの腕上がった?ってな錯覚に陥っちゃうぜ。
って、ここまで自信もって人に薦めるくらいなのに、なぜ自分はヘレナを買ってしまったのか。。。
ばかばかばかばか!自分のばか!
次は迷わずドリームスキンにするよ。

BRILLIAGEのメイクアップベースもいいんだけどね。
肌の色ムラ補正とかはやっぱりすごいなーと思うんだけど、欲を言えばテクスチャーがあと少し柔らかければ。。。
毎回色ムラ補正効果へのプラス評価と、テクスチャーのマイナス評価の間で揺れるんだよねー。
あと、自分の生活圏内でフラッと買えないのがねー。
オンラインストアで買えばいいんだけど、自分のIDとパスワード忘れちゃったしなー。

とにもかくにも、早くプロディジー ベース使い終わりたいなー。
不満はあっても買っちゃった以上は最後まで使うよ。
例え素肌にも仕上がりにも何の差がつかなくたって、ね。


 

戯言。 | comments(0)
この腕で生きていく。
昨日の朝、電車に乗ろうとした時、
雨でホームも電車の床も濡れていたせいで滑りましてね、
電車とホームの隙間に落ちかけたのさ。
つーか、右足は完全にブラーンって落ちたんだけど、
左膝がかろうじて電車に届いて、
左膝下で電車とホームに橋をかけたような状態で止まった。
でも、右足はブラーンってなっちゃってるから
踏ん張る足がないわけですよ。
でもね、誰も助けてくれなかった。
ドア際の人、みんな無表情にただ立ってた。
だからね、腕の力だけでぬぉぉぉぉぉ!と起き上がってやった。
ドアの隅っこの手すりに手が届く位置で滑ってラッキーだった。
だいじょぶ、だいじょぶ、こっちも助けてって言わなかったしさ、
むしろこの腕で生きていけるっていう自信に繋がったよ。
自分の腕がこんなに頼りになるなんて昨日まで知らなかったよ。
もし私の前で誰かが電車とホームの隙間に落ちそうになったら、
私の自慢の腕で引き上げてあげるよ。

戯言。 | comments(0)
<< 2/174 >>



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -Kitacaをクリック。-





    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Design by Tea