だってあたしはきまぐれ貴族。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最近。会社のこと。
さすがに寒くなってきましたね。
先月から新しくいらした派遣さんがね、いつもブラウス1枚で出社してくるんですよ。
11月中旬には「まだコートを出してなくて」って言っていたけど、いつまで経ってもコートを着てくる気配がないので、「まだ出して何ですか?!」って聞いたら、コートはあるけど気に入らなくなっちゃって、とかうだうだ言ってて、12月になってもコートどころか、セーターとかカーディガンの類を着てくることもないので、ああ、この人はきっと、真冬もこのままの格好なんだろうなと思い、もはやその話題を振ることもやめました。
ちなみにね、その人、毎日素足です。
フロアが異様に寒くてですね、みんなフリース着てるし、私なんてフリース+ストールっていう格好で仕事してるんですけどね、その人だけはぺらっぺらのブラウスに素足なんです。
別に業務に支障はないからいいんですけどね、見ているこっちが寒くなるのでイラッとはします。

因みにその人、なんかランチのチョイスがすごく変わっていて、毎日30分ぐらい迷いまくっている割には、毎日、葉っぱオンリーのサラダ(ドレッシングなし)と揚げ物3個(ビーフコロッケ、カニクリームコロッケ、メンチカツ)です。
最初のうちは驚いていたけど、最近では、どうせ最後にはサラダと揚げ物になるんだから毎日あんなに悩む必要ないと思うんだけどなーって思ってます。
あ、でもね、1週間のうち1日だけご飯だけをムシャムシャ食べてる日があります。
本当にご飯だけ。おかずなし。ふりかけ等もなし。
しかもね、2人前。さとうのご飯2パック強ぐらいの量のご飯。
あ、餃子とかもね、しょう油とかお酢とかの類はつけず、餃子のみを食べるそうです。
サラダでも餃子でもなんでも、誰かが味をつけていてくれたらそれを食べるけど、自分では何かをつけようと思わないんですって。
味にこだわるわけじゃないのに、なぜ毎日ランチを選ぶのに30分もかけるのかが謎。
まあね、業務に支障はないからいいんですけどね。

さて、今の仕事、来年の3月までなんですよ。
派遣法の改正がありましたのでね、来年の1月から最長3年に巻き直しなるのですが、もともと来年の3月までの契約だと思ってやってきましたのでね、ずっと続けると思われても困るなって思って、11月の頭の時点で、来年の3月で辞めますよって宣言しましたらば、「例えば契約社員になれたら続ける気はあるか」とか、「他の部署でやってみたい業務はあるか」とか、完全にいなくなられるよりは他部署でも同じ会社にいさせたいようで、なんか急に必死になって引きとめて頂いている今日この頃です。
ただ、どうにもやる気が戻ってこなくてね、ああ、もうダメだな、と。
千代の富士が引退会見で、「体力の限界。気力もなくなり、…」って言っていたのを思い出しました。
今の仕事、嫌いではないし、いなくなられると困るって言って頂けるのも非常に有り難いけれど、派遣社員が1人いなくなるだけで回らなくなるような業務のやり方ってダメよね。
今の仕事の半分ぐらい、本当は派遣社員さんがやるべき仕事なんですよ。
新しい人が来るまでってことで仮に引き受けたのが2年前。
結局、様々な理由で半年毎に人が入れ替わって、誰も定着しないまま、いつの間にか私の業務の一部にされてしまい、そのうち、上の方からは「契約社員がいなくても派遣で回っているんだからいいじゃん」と言われて、契約社員を入れることもできなくなってしまったらしい。
上の方からそう言われてしまったからとか言ってるけど、上の人がそう思うまで派遣社員に任せ続けた現場の責任もあるわよね。
なんだ、結局派遣で間に合うような業務なんじゃんって思われても仕方あるまい。
仕事が嫌なわけじゃないけれども、物理的にもう私の力では処理しきれないんですよ。
かすてらさんができなかったら誰もできない!って言われましても、それは残された社員の皆様で対策を練って頑張ってくださいとしか言えないわよね。
私が辞めるって言い出す前にもっと危機感を持って対策を考えておくべきだったのにね。

本当にきっちりした企業だとね、総合職、事務職、派遣社員って、立場に応じての業務をきっちり分けていて、働きにくいなーって思ったりすることもあるんだけど、誰かが急にいなくなっても困らないような対策もきっちりしていて、ああ、これが大手が大手であり続ける所以なのかなーって思ったりもするんですよ。
区分けが緩い企業は、やる気さえあればどんどん任せてもらえてやりがいがあるかもしれないけれども、派遣社員を使うメリットばかりに目がいって、デメリットの方に対する危機感がないから、辞めますって言ってから慌ててその場しのぎの条件を提示してくることが多いよね。
でも、そういう会社も、派遣がいなくなったからって潰れたりはしていないので、まあ、結局はどうにかなるってことですね。

では、今日はここまで。おやすむ。
皆様もおやすめ。
エスプリーク オイル美容液化粧下地。
少し前のことになりますが、エスプリーク オイル美容液下地のサンプルを頂きましたね、試してみました。
いやー、正直、思ったより良かったので驚いた。
かなり軽いつけ心地です。
カラーも明るいピンク色で、顔色がパッと明るくなります。
肌色のムラ補正やカバー力に関しては若干弱い気もするんだけれども、まあ及第点ではないかと。
オイル美容液っていうだけあって、時間が経ってもお肌がしっとりしている気がしました。

ただ、美容オイル配合のせいなのかな、かなーりテクスチャーが軽いというか緩いので、うっかり一度にたくさん顔に載せてしまうと、延々と肌の上でツルツルヌルヌルと滑り続けてしまって、慣れていない人は肌に密着させるのが大変かも。
下地を肌に密着させないまま上からファンデーションを重ねても、ぐらぐらの土台の上でジェンガやっているようなもので、結局は化粧崩れをしてしまうので要注意ですね。
少量ずつ均一に肌に密着させていけば、かなりいい働きをしてくれると思います。
エスプリークのHPに載っている使用量の目安:直径1.5mmは、私的にはちょっと多すぎな気がします。

私が近所のドラッグストアでリサーチした限りでは、なかなかのコストパフォーマンスだと思います。
ちなみに、私はこの下地を使ってメイクをしたまま2時間ぐらい温泉でまったりと過ごしました。
まあ、温泉に入ったのでそれなりに顔面から汗が噴き出すわけですが、温泉から上がってタオルで顔を軽く押さえて、更にティッシュで汗やテカリを押さえた、それ以上の化粧直しはせずに済みました。
ティッシュで押さえた後に鏡を見た時の私の驚きの表情をお見せできないのが残念なくらいには、私自身、結構この化粧下地の威力に驚いたんですよ。

まあ、そんなこんなで、機会がありましたら是非皆様にもお試し頂きたい逸品です。
下地彷徨い人。
うううううううっ。
ヘレナのプロディジー ベース、ハズレだわー。
元々期待してなかったけど、こっちの覚悟を遥かに下回るハズレっぷり。
うーーーん、なんというか、別に使わなくても同じじゃね?って感じ。
”素肌にも仕上がりにも差がつきます”って、差がつかないのは私の肌が悪いのか?
結構いいお値段するくせに、ビフォーアフターに差がないって、
ガッカリ感の大きさだけが値段に比例しちゃってるじゃないか!

ああああああ、やはりケチケチしないでDiorのドリームスキンにしておけばよかった。
Diorのドリームスキンはね、ほんとすごいです。最強だね。
お値段も最強だけど、パワーも最強だと思う。
下地じゃなくて乳液なんだけど、これ、未体験の人はDiorのカウンターへGO!
カウンターでつけてもらうのが苦手な人はサンプルもあるからもらって試すべし!
あれ?私?メイクの腕上がった?ってな錯覚に陥っちゃうぜ。
って、ここまで自信もって人に薦めるくらいなのに、なぜ自分はヘレナを買ってしまったのか。。。
ばかばかばかばか!自分のばか!
次は迷わずドリームスキンにするよ。

BRILLIAGEのメイクアップベースもいいんだけどね。
肌の色ムラ補正とかはやっぱりすごいなーと思うんだけど、欲を言えばテクスチャーがあと少し柔らかければ。。。
毎回色ムラ補正効果へのプラス評価と、テクスチャーのマイナス評価の間で揺れるんだよねー。
あと、自分の生活圏内でフラッと買えないのがねー。
オンラインストアで買えばいいんだけど、自分のIDとパスワード忘れちゃったしなー。

とにもかくにも、早くプロディジー ベース使い終わりたいなー。
不満はあっても買っちゃった以上は最後まで使うよ。
例え素肌にも仕上がりにも何の差がつかなくたって、ね。