だってあたしはきまぐれ貴族。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 王様の耳はロバの耳。 | main | 小倉百人一首。 >>
オランジーナ。

この3カ月、二人三脚で仕事をしてきた社員さんのNさんが今日退職されました。
Nさんはサントリーのオランジーナが大好きで、
毎日最低でも1本は飲んでいました。
本当に、毎日オランジーナを飲んでいるのです。
ちょっとしたオランジーナ大使でした。
プラッシーみたいな懐かしい味がするんですって。

私もプラッシー世代で、プラッシーは大好きでしたが、
プラッシーの味は覚えていません。
プラッシーで記憶に残っていることは
♪おっ米屋っさんで売ってぇますっ
というCMの1フレーズのみです。
でも、私もオランジーナ、かなり好き。
私の母もオランジーナ大好き。
やはり、脳内のどこかにプラッシーの記憶があって、
それが我々をプラッシーへと駆り立てるのでしょうか。

話がかなりそれましたが、
オランジーナ大使のNさんへの餞別として、
ランチを買いに行くついでに昼メン5人で
1本ずつオランジーナを購入し、
Nさんのデスクの思い思いの場所に無造作に置いておきました。
たまたまNさんは午後からの出社予定で、
我々がランチをもぐもぐと食べている時に出社してきて、
「えっ?!」と驚いている声がランチスペースまで聞こえてきて楽しかったー。

5分ぐらいして、ランチスペースにNさんがニコニコとやってきて、
「あれ、オランジーナ、ありがとー。
 
 ビックリしたけど、すごく嬉しいよー。」
と言ってもらえたので、こちらこそとても嬉しかったぁ〜。
イタズラして喜ばれるなんて、一石二鳥だねぇ。

たった3ヶ月だったけれど、2人ぽっちの業務だったので、
Nさんがいなくなるのは非常に寂しいです。
これからもっといろいろ教えて頂きたかったのにな。
今月初めにNさんが退職されると知らされた時は、
あまりにもビックリして、半日ぐらい仕事が手につかなかったなー。

最後に「3ヶ月だけだったけど、この3ヶ月ですごくいい具合に
仕事が回るようになって本当に助かったよ。
前任のKさんの時よりも、俺はすごくやりやすかった。
ありがとう。」なんて言葉まで頂けて嬉しかったなー。
まあ、前任のKさんは、Nさんをバカにしているのがありありと見てとれて、
いくらなんでももうちょっと敬意を払うべきだろうと、
見ているこっちがハラハラするほどだったので、
彼女に比べればこんな私でもやりやすかろう。
実際は私が助けてもらってばかりだったので、
大したお役にも立てずにお別れになってしまったのが本当に残念。

すごく優しくてすごくいい人で、
まあ、時々とんちんかんでイラっとさせられることもあったんだけど、
とにかく優しくていい人だから憎むこともできず、
「ああ、この人がもっと嫌な人だったら楽だったのに」
なんて思ったりしたもんです。
それぐらいいい人なんです。

明日からの新しい職場でもオランジーナ大使として活躍して頂きたいと思います。

スポンサーサイト
COMMENT